本文へスキップ

・・・ひとりで悩まないで・・・非行克服支援センター

〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-14
コーポババ21
tel:03-5348-6996

ひとりで悩まないでご相談ください

・・・・一人で悩まないで・・・・

わが子には正直でまっとうな道を歩いてほしい、事件や犯罪とは無関係な人生を送ってほしい・・・そんな親の願いに抱かれて
この世に生まれ育った子どもたちが、なぜ非行に走ってしまうのでしょうか。
非行克服支援センターはわが子の非行に悩み苦しみ、子どもとの格闘に疲れ果てた親たちを支え、子どもたちの非行からの立ち直りをサポートし、幅広いネットワーク中で非行をなくしていく取り組みを行っています。
何でもご相談ください。

news新着情報



2月のイベント・学習会のご案内

★シンポジウム
思春期の子どもと向き合う
2018年2月10日(土13:30~
〇新宿区戸塚地域センター7階ホール(高田馬場駅徒歩3分)
〇参加費 500円

●詳しくはこちらをご覧ください
●申込書



★非行少年等立ち直り支援シンポジウム

少年の居場所づくり~地域が支える立ち直り~
〇日時:平成30年2月9日(金)13:30~
〇会場:埼玉会館 小ホール(浦和駅西口徒歩6分)
〇参加費無料

講演  桂 才賀さん(落語家)
パネルディスカッション
湊 洋久さん(協力事業主)
竹中ゆきはるさん(協力事業主)
関根由美子さん(保護司)
《コーディネーター》
春野すみれさん(あめあがりの会・非行克服支援センター)
〇申し込み:あめあがりの会 または埼玉県青少年課(048-830-2904) 



★社会的養護における「育ち」「育て」を考える研究報告会
社会的養護を担う人の育成
〇日時:平成30年2月24日(土)13:00~
〇会場:国立障害者リハビリテーションセンター 学院講堂
〇参加費無料


基調講演「すべての子どものために」
村木厚子さん(元厚生労働事務次官)

〇申し込み:あめあがりの会 または国立武蔵野学院(048-878-1260)

 ●少年法の年齢引き下げについての
「当事者の声」ぜひお読みください

非行克服支援センターでは、「少年法の適用年齢の引下げ」を、
当事者たちがどのようにとらえ考えているか、緊急にインタビューを行い。10人の声を冊子にまとめました・
この問題について学び考える上で、とても貴重な資料です。
ご希望の方には、無料でお送りします。

お申込み★電話:03-5348-6996
      ★FAX:03-5337-7912

非行克服支援センター

 何が非行に追い立て、何が立ち直る力となるか
「非行に走った少年をめぐる諸問題とそこからの立ち直りに関する調査研究」報告

■本体価格 1800円
■NPO非行克服支援センター編■新科学出版社刊■
■お申し込みは 非行克服支援センターへ
 

 ざ  ゆーす No16

特集: 薬物依存、回復の現場から
井波真理雄(精神科医)/進藤俊明(ダルク施設長)/山崎貴也(幼児者)

私の体験:息子は私に、人生を考えるチャンスをくれた
連載:思春期の発達課題と支援   田中康雄(精神科医)
少年法  適用年齢の引き下げ:当事者の声

ざ  ゆーす No17  好評発売中!

特集:性と人権
「セクシュアルマイノリティの子どもたち」    山下俊雅(弁護士)
自分を生きるために              あつみめぐみ(当事者)
性をわかる・自分をわかる            丸山慶喜(元高校教師)
援助交際で「傷ついたもの」ってなんだろう  ゆか(当事者)

思春期の「矛盾」と親子の葛藤          香山リカ(精神科医)

おすすめ出版物へ
 


非行克服支援センターの学習支援のご案内 
★遅れてしまった勉強をやり直したい
★高校入試に向けて今から勉強したい
★レポートを手伝ってほしい
★高校認定試験を受けたい
★進学したくなった
★勉強の仕方がわからない
など、そうした人たちの学習支援を行っています。
個別学習低価格で・各教科の専門家が当たります。
ご希望の方はお問い合わせ下さい。

 

★「非行」体験記を募集しています。

 
親の体験・本人の体験・教師の体験などお寄せ下さい。詳しくはこちらから

非行についての
どんなご相談にものります

相談はこちらへ

どうぞご参加ください
学習会・イベント

非行と向き合う親たちの会の
ご案内

あめあがりの会

どうぞあなたの体験を
お寄せください
リ ン ク 集

スマートフォン版




メールはこちらから

スマートフォン版

inserted by FC2 system